IT

5分で出来るmatplotlibの日本語化

  

matplotlibの日本語化手順

matplotlibはpythonのグラフ描画で使われる標準的なライブラリです。
Anacondaをインストールすると導入されますが、そのままでは日本語化されていません。
ただ日本語化は簡単で、やることは3つだけです。

1、フォントをダウンロード
2、ダウンロードしたフォントファイルを所定の場所に配置
3、Matplotlibの設定ファイルを修正

では手順を紹介します。

まずは導入するIPAフォントをコチラのサイトからダウンロードします。

次にダウンロードしてきたZIPを解凍します。その中のipaexg.ttfというファイルを以下のディレクトリにコピーします。

C:\xxxその人の設定によるxxx\Anaconda3\Lib\site-packages\matplotlib\mpl-data\fonts\ttf

コピーが終わったら、次は設定ファイルの修正をします。
matplotlibrcの中を修正します。このファイルは以下のパスの配下にあります。
C:\xxxその人の設定によるxxx\Anaconda3\Lib\site-packages\matplotlib\mpl-data

見つけたらメモ帳などのテキストエディタで開き、以下の1行を追加して下さい。場所は”#font.family: sans-serif”の次の行あたりに追加します。

font.family : IPAexGothic

 

以上で日本語化完了です。
  

関連記事

  1. Googleアナリティクスのデータ自動削除の対処法
  2. jarファイル実行環境構築
  3. AmazonS3で独自ドメインのWebサーバー構築
  4. 見開きのPDFを2分割にする方法
  5. Spring MVC開発のpom.xmlの記述

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


同じカテゴリの記事

ピックアップ記事1

PAGE TOP