お金・節約

たった6000マイルで国内旅行に行く方法

マイレージ旅行は意外とハードルが高い

マイレージを貯めて旅行に行こうとコツコツマイレージを貯めている人は多いと思います。航空会社や区間、時期に応じて必要マイル数は異なるものの概ね10,000マイル以上は必要で、そこまで到達するまでに有効期限が来てしまうことも多々あるのではないでしょうか。さらに家族で行こうと思うと2人分、3人分のマイルが必要になりハードルはかなり高くなります。

しかし、なんと6000マイルで国内往復航空券を手に入れる方法がありますのでご紹介します。まず航空会社はJALです。

国内特典航空券のページに行くと上記のような案内がされています。通常であれば片道6000マイル、往復12000マイルからです。しかし、12000マイルで往復できるのは東京からの場合、大阪、名古屋、秋田、山形、小松の近いとこだけで、15000マイルが基本と考えたほうが良いです。JALの国内特典航空券の必要マイルは以下のページに早見表があります。参考までにどうぞ。

http://www.jal.co.jp/jalmile/use/jal/dom/miles.html

通常の往復特典航空券では最低でも12000マイル、東京-石垣など最も高いところでは20000マイルも必要ですが、紹介する”どこかにマイル”ではなんと6000マイルで国内往復航空券が手に入ります。

どこかにマイルで知らない日本を発見

6000マイルで国内往復航空券が手に入るどこかにマイルはJALの公式サービスで一部の繁忙期を除き通年で申し込みが可能であることがまずポイントです。裏ワザ的な方法でごく稀にしかチャンスがない方法ではなくいつでも使える点が重要です。

では、どこかにマイルとはどのようなサービスかというと、ランダムに表示される4つの行き先のどこかの往復航空券が6000マイルで手に入るというサービスです。出発日の1ヶ月前から7日前まで申込可能です。フライト時刻は3つの時間帯から選択して申し込みます。申し込むと3日以内に行き先の連絡が決ます。つまり行きたい場所を選らえるわけではない代わりに、リーズナブルに往復特典航空券が手に入ります。
このサービスの面白い点は、ゲーム性があることと行き先を自分でコントロールできない部分があるため知らない日本を発見できる点です。

このサービスは、JALが空席率を少しでも減らすために始めたサービスで、1ヶ月前になっても空席率の高い行き先のフライトをリーズブルなマイルで提供し、利用者に新たな日本を発見してもらおうという発想で生まれたものです。空席率の高い(=あまり人気のない)場所に旅行に行くことになるので、旅先での経済効果もありますし、空席があろうとなあろうと飛行機を飛ばすコストは変わらないので結構エッジの効いたビジネスモデルだと感じました。

どこかにマイルの申込みページです。
https://www.jal.co.jp/jmb/dokokani/index.html

魅力的な行き先が選択肢にない場合は”F5”ボタンを押して更新すれば行き先の選択肢が変わります。4つのうちどこになっても楽しめそう、という行き先が揃うまでリトライするのもいいと思います。
 

関連記事

  1. <2018年版>22万円でJAL上級会員(JGC)になる最安メソ…
  2. 名建築ホテルに宿泊する
  3. サラリーマンがお金持ちになれない4つの理由
  4. 不動産投資のメリットについて検討する
  5. 犬吠崎で初日の出
  6. ふるさと納税で1番トクする極意~楽天最強説~
  7. 御殿場とらや工房レポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


同じカテゴリの記事

ピックアップ記事1

PAGE TOP